AGA治療を受けるために

AGAは薬で治ります。

薄毛

AGAは治療できるようになった事がメディアなどで盛んに報じられていることもあり病院や育毛クリニックには大勢の人が治療の相談に訪れています。 AGAは男性型脱毛症と呼ばれ男性の薄毛の理由で最も多い原因となっています。 女性に比べ男性に圧倒的に薄毛が多い理由は現在でもはっきりとはわかっていませんが、男性ホルモンに含まれるジヒドロテストステロンが大きく薄毛に関与していると考えられています。 AGAの治療ではプロペシアやミノキシジルという薬を使用し薄毛の進行をストップします。 プロペシアの主成分であるフィナステリドは男性ホルモンに含まれるジヒドロテストステロンの発生を抑制し脱毛を防ぎます。 一方、ミノキシジルは毛母細胞を活性化し再び発毛を促す効果などが期待できます。

名古屋でも治療できます。

AGAの治療を行う病院やクリニックが名古屋でも急速に増えています。 プロペシアやミノキシジルは男性の薄毛治療に高い効果のあることが分かっており、名古屋以外でも全国の病院やクリニックなどで医学的根拠のある薄毛治療として採用されています。 プロペシアやミノキシジル利用した薄毛治療では継続して薬を使用する必要があります。 男性型脱毛症の原因の一つが男性ホルモンである以上、薬の使用を中止すると再び薄毛が進行する原因となります。 名古屋の病院やクリニックでは患者が適切に薬を使用できるようにカウンセリングなどに力を入れています。 名古屋でAGA治療を受けている人で薬の使用に不安を感じたり効果に疑問を感じる場合はためらわずに医師に相談するようにしましょう。